新着情報

☆ -----福島県ふるさとふくしま交流・相談支援事業『かけはしプランA』----- ☆

東日本大震災により福島県から岡山県へ避難された方へ
帰省等の際の旅費補助事業「かけはしプランA」のご案内をいたします。

昨年度に引き続きほっと岡山では、帰省の機会・家族や知人との再会、
避難元へ戻られる際の検討等に活用できる旅費の補助事業として
「かけはしプランA」を準備しました。

---------------------------------
内容:福島県への帰省や、今後避難元へ戻る際の下見・準備等、交通費・宿泊費の補助をします。
現地で開催される交流会へご参加ください。
対象:福島県から岡山県、四国地方へ避難された方(*原則)
資格:1.事前申請が可能な方 2.レポートの提出ができる方(1世帯につき1部提出ください)
   3.下記の現地交流会へ参加できる方
交通機関:鉄道、飛行機、バス等公共交通機関/マイカー、レンタカー、高速道路利用可
     *タクシー、グリーン車は補助対象外。宿泊先は用途以外となる利用は補助対象外。


お問い合わせ:ほっと岡山(事務局:月~金 10:00~17:00) 
TEL :070-5670-5676 フリーダイヤル:0120-566-311
FAX :086-230-4561 MAIL:office.hotokayama@gmail.com

*上記のみの受付となります。


---------------------------------
現地交流会「ふるさと交流会」へ参加いただくことになります。
今年度は、下記の通りとなります。

1. 7月29日(土)
郡山市(ビューホテルアネックス)/いわき市(労働福祉会館)
 
2. 8月13日(日)
郡山市(ビューホテルアネックス)/いわき市(労働福祉会館)
福島市(コラッセ福島)/南相馬市(情報交流センター)
白河市(カーサホテル白河)

3. 9月23日(土)
郡山市(ビューホテルアネックス)

4. 12月30日(土)
郡山市(ビューホテルアネックス)/いわき市(エスト エスト)
福島市(ホテルグリーンパレス)/南相馬市(ホテルラフィーヌ)
白河市(カーサホテル白河)

5. 1月7日(日)
郡山市(ビューホテルアネックス)/いわき市(エスト エスト)

6.  3月24日(土)
郡山市(ビューホテルアネックス)/いわき市(エスト エスト)
福島市(コラッセ福島)


昨年度と少し利用方法が変更になっておりますので、ご希望の方は直接ほっと岡山まで
お問い合わせください。
ご案内・申請書等お送りいたします。
(後日、岡山県からのおたより便にてお手元に届きます)

以上、簡単な内容でのご案内となりますが、日程の調整などいただけますよう
よろしくお願いいたします。

ほっと岡山
はっとり



~~~事務所 移転しました~~~
+ mail + + + + + + + +  + + + + + + + + + + +

一般社団法人 ほっと岡山

〒700-0921 岡山県岡山市北区東古松1-14-24 コーポ錦1F

事務局:月~金 10:00~17:00
TEL :070-5670-5676
FAX :086-230-4561
MAIL:office.hotokayama@gmail.com

相 談:火・木・金 10:00~16:00
フリーダイヤル:0120-566-311
MAIL:hotokayama@gmail.com

HP:http://hot-okayama.net/

H29年7月30日~8月6日、認知症介護支援センターにて、夏の保養事業「ウエルカムキャンプinかさおか」を実施いたします。

 

☆ウエルカムキャンプ ボランティアのお問い合わせは
wcamphelp@gmail.com(野中)まで。

☆寄付金のお振り込みは下記まで。
ゆうちょ銀行

    記号 15450   番号 32990811

    口座名義:ウエルカムかさおか

 

☆物資の寄付はまずはお申し込みください。

wcampfood@gmail.com(藤井)もしくは
電話090-7897-3851(藤井)でお受けしています。

7月23日(日)はたまねぎ、じゃがいもなど、日持ちのする米や野菜や調味料などを受け付けます。 

岡山県小田郡矢掛町矢掛3066 「ええもん」 in小西屋までお持ちください。10時~15時です。
事前にご相談の上、個別にいただきに行く」ことも可能です。

 

7月30日(日)は野菜やその他なんでも受け付けています。ご協力どうぞよろしくお願いいたします。

 岡山県小田郡矢掛町矢掛3066 「ええもん」 in小西屋までお持ちください。10時~15時です。

ダウンロード
8月5日(土)原発事故被災者健診のご案内
岡山県内の避難者向けの健診で、福島県が実施している「県民健康管理調査」の検査項目及び甲状腺エコー検査です。
民医連のご好意により、今回は保養で来岡中の被災者も、避難者と同じ条件で受診できます。
定員までの先着順ですので、お早めにお申し込みください。
生活相談についてはソーシャルワーカーがいます。
心の相談については、臨床心理士もしくは支援団体の相談窓口を紹介してもらえます。
原発事故被災者健診のご案内(8月).pdf
PDFファイル 567.3 KB

☆ H29年夏の保養の日程が決まりました。

7月30日(日)~8月6日(日)です。

 

みなさま、お手伝いよろしくお願いいたします!!!
どうぞスケジュールをあけておいてくださいませ。

みんなでちょっとずつ手伝えば、きっとやりとげられます。東日本の子どもたちの健康のために、ご協力を!!!

 

詳しくは協力メンバールームをご覧ください。

 


☆5/28   移住・定住応援メルマガ~おかやま暮らし~(5月25日号)より


こんにちは。岡山市移住・定住支援室から参加者募集のご案内です。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆◇◆7月29日(土)・30日(日)開催「おかやま合同移住下見ツアー」参加者募集のご案内◆◇◆
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

今年の移住下見ツアーは岡山市の隣接市町と連携して行います!

第1回目は、「岡山市」「赤磐市」「和気町」の3市町を巡るツアーで、7月29日(土)、30日(日)に開催します。
例えば、“赤磐市や和気町のお家でのんびり暮らし、お仕事やお買い物で岡山市へ通う”といった、都会と田舎の暮らしが共存した「便利な田舎暮らし」が実現する「岡山市」「赤磐市」「和気町」の3市町の暮らしを一度に体感できるお得なツアーです。是非、ご応募ください!!

■開催日
平成29年7月29日(土)、30日(日)

■募集期間
平成29年6月1日(木)から平成29年6月30日(金)

■募集対象
岡山県外にお住まいの子育て世帯の方

■募集定員
20名(先着順)

■参加費
一人2,000円(中学生以下は無料)
・自宅からJR岡山駅までの往復交通費は参加者負担。
・宿泊費(1泊2日朝食付)を含む。
・食費(1日目の昼食・夕食、2日目の昼食)を含む。
・行程内の体験費及び交通費を含む。

■お申し込み・お問合せ先
岡山県知事登録旅行業第2-373号
(株)シモデンツーリスト 本社営業所
総合旅行業取扱管理者:三宅 壯男
〒700-0985 岡山市北区厚生町1-2-8
お申し込みは、申し込みフォーム(HP)・TEL・FAXのいずれかによりお願いします。
・申し込みフォーム(HP):http://shimoden-tt.co.jp/ijuteiju/ ※受付は6月1日(木)から。
・TEL:086-224-8811
・FAX:086-232-4220

【移住下見ツアー 今後の日程】
■第2回目は、「岡山市」「備前市」「瀬戸内市」の3市を巡るツアーです。
 開催日 8月19日(土)、20日(日)
“日常に海が臨める風景が日常にある暮らし”を体験しませんか?

■第3回目は、「岡山市」「吉備中央町」の2市町を巡るツアーです。
 開催日 10月14日(土)、15日(日)
“山に囲まれたのんびりとした田舎暮らし”を体験しませんか?

いずれも、募集時期等は未定。決まり次第、移住専用ウェブサイト「おかやま生活」等でお知らせします。

※ツアーの詳細については下記ページをご覧ください
https://okayama-life.jp/cgi/web/index.cgi?c=topics-zoom&pk=125

 
――――――――――――――――――――
※このメールには直接返信できません。
移住・定住に関するご相談・お問い合わせ、また、このメールマガジンへのご意見・ご感想はこちらまで
mailto:ijuteiju@city.okayama.jp
――――――――――――――――――――
発行責任者
岡山市移住・定住支援室
電話:086-803-1335
ファクス:086-803-1872

岡山市に移住・定住するための情報サイト「おかやま生活」
https://okayama-life.jp/


★☆★移住・定住応援メルマガ~おかやま暮らし~(4月20日号)★☆★より
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 ◆ 就職・転職活動における交通費の一部補助について
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■補助内容
・岡山市内の企業面接の際に利用した新幹線・飛行機の往復料金の往路分を補助します。
・1回あたりの補助額は、16,000円を上限とします。

■対象者
・岡山市へのUIJターンを希望している方。
・東京圏(東京都・神奈川県・埼玉県・千葉県)在住の方。
・就職・転職活動の一環として、岡山市内の企業面接を受ける方。
・新幹線・飛行機を往復利用する方。
・岡山市税を完納していること。
・暴力団構成員ではないこと。
・面接終了後にアンケートのご協力いただける方。

■申込期間
・平成29年4月1日(土)から平成30年2月28日(火)まで。ただし、申し込み件数が50件に到達した時点で終了になります。

■募集件数
・25人(50件)
 ※1人につき最大2回まで補助します。

■手続きの方法・提出書類
申請の手続きは、下記の申し込み先にて行ってください。
◎企業面接の前後で提出していただく書類
 〇面接前・・・申請書・住民票の写し・面接の日時がわかるもの(面接通知書、面接日を知らせるメール等)、同意書・誓約書
 ※切符は、必ず申請後に購入してください。申請前に購入した場合、補助金は交付できません。
 〇面接後・・・実績報告書・請求書・アンケート
※詳しい内容は、下記のページをご覧ください。
 http://resocia.jp/corporate/project/2017/okayama/


■申し込み・問合せ先
 ヒューマンリソシア株式会社岡山支社
 〒700-0821 岡山市北区中山下1-8-45NTTクレド岡山ビル15階
 電話 086-225-4530
 URL http://www.resocia.jp


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 ◆ 岡山市転入者限定 ファジアーノ岡山公式戦へご招待(抽選)
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
平成28年11月20日以降に岡山市へ転入された方を対象に、ファジアーノ岡山Jリーグ公式戦に抽選で200名様を無料でご招待します。

■対象試合:ファジアーノ岡山 vs ジェフユナイテッド千葉
        平成29年6月3日(土)19時キックオフ

■試合会場:シティライトスタジアム(岡山県総合グラウンド陸上競技場)

詳しくは、下記サイトをご覧いただき、申し込みフォームからお申込みください。

http://www.city.okayama.jp/shimin/sportsshinkouka/sportsshinkouka_00139.html

岡山市移住・定住支援室
電話:086-803-1335
ファクス:086-803-1872

岡山市に移住・定住するための情報サイト「おかやま生活」
https://okayama-life.jp/
岡山市公式携帯サイト
http://mobile.city.okayama.jp/

☆白石草講演VTRを見る会

11月23日(水)時間未定 
場所:笠岡子ども劇場2F
8月のA2-B-C上映会の時の白石草(しらいし はじめ)氏の講演VTRを使って
ウエルカムかさおかが勉強会を行います。
関心のある方、初めての方もぜひご参加ください。

お問い合わせは笠岡子ども劇場まで。

 

講師紹介
白石 草/しらいし はじめ(OurPlanetTV代表)
 早稲田大学卒業後、番組制作会社を経て、東京メトロポリタンテレビジョン入社。ビデオジャーナリストとして、ニュース・ドキュメンタリー番組の制作に携わる。2001年に独立し、同年10月OurPlanet-TV設立。現在、一橋大学大学院社会研究科客員准教授、早稲田大学ジャーナリズムコース講師。著書に『ビデオカメラでいこう~ゼロからはじめるドキュメンタリー制作』(七つ森書館)、『メディアをつくる~「小さな声」を伝えるために』(岩波書店)ほか多数。

著書に『ルポ チェルノブイリ28年目の子どもたち』『メディアをつくる――「小さな声」を伝えるために』(以上、岩波書店)、『ビデオカメラでいこう――ゼロから始めるドキュメンタリー制作』(七つ森書館)などがある。

OurPlanetTV(アワープラネット・ティービー)とは
2001年に設立した非営利のオルタナティブメディアです。インターネットを利用して、ジェンダーや子ども、環境や人権などのテーマを中心に独自に制作したドキュメンタリー番組やインタビュー番組を配信しています。また、東京・神保町にあるオフィス内にメディアセンターを設置し、子どもから大人まで、誰もが映像制作やメディアリテラシーなどを学べるようワークショップを行っています。 

東日本大震災及び福島第一原発事故後は、主に子どもと被曝の問題や、人々の暮らしを守るために必要な情報を積極的に配信してきました。2012年7月、こういった一連の報道に対し、日本ジャーナリスト会議(JCJ)より第55回JCJ賞が顕彰。そのほか、これまで地方の時代映像祭優秀賞(2010年)、貧困ジャーナリズム賞(2011年)、放送ウーマン賞(2011年)、やよりジャーナリスト賞特別賞(2012年)を受賞しています。 (アワープラネットTVのHPより)

その後も、
3基の原子炉がメルトダウン(燃料溶融)するという前代未聞の事態に発展した東京電力福島第1原発事故(2011年3月)対応に追われる東電内の様子を克明に記録したテレビ会議映像を基に作られたドキュメンタリー「東電テレビ会議 49時間の記録」(2013年)という3時間を超える大作で、2014年の「科学ジャーナリスト大賞」を受賞しています

また、2013年、2014年、二度にわたりウクライナを取材し、

ウクライナ報告第
DVD「チェルノブイリ 28年目の子どもたち低線量被曝の現場から

ウクライナ報告第2弾

DVD「チェルノブイリ 28年目の子どもたちⅡ~いのちと健康を守る現場から」

を制作。小さな声に耳を傾け、情報配信を果敢に続けています。


☆ 福島県伊達市のこどもたち15名大人5名を迎えての保養、8月1日~9日に実施しました。

  食材や寄付金、ボランティアなどのご協力ありがとうございました!
  引き続き、寄付金、会員、ボランティアなど募集しています。
  事務局である、ハーモニーネット未来(笠岡こども劇場)までお問い合わせください。